当山では、新郎新婦の宗派を問わず、少人数限定(最大30名)で仏前結婚式を受け付けております。
和装で挙式をしたい、厳かな雰囲気の中で行いたい、費用をなるべく抑えたい等、施主様のお気持ちに沿えるような式典を目指します。
ぜひ一度散策がてら当山へお越し下さい。初夏は新緑が、秋は紅葉がとてもきれいです。

実際に挙式の運びとなりますと、新郎新婦と住職とで何回か事前打合せをさせてもらいます。

費用(会場費・会場設営費・式師への御礼・伴僧への御礼)は30万円です。なお、衣装費用や挙式後の披露宴に掛かる費用はご負担下さい。

 仏前結婚式は、その文字の示すように、み仏の御前において、新郎新婦が将来の固い契りをみ仏に誓い合う儀式です。

 従来、結婚式といえば神前結婚式か、あるいはキリスト教の結婚式と思われており、仏前結婚式というと何か珍しいものと考えがちですが、式のもつ本質や意義を思うと決して特殊なものではありません。

 結婚の話がまとまることをよく「縁談が整う」といいますが、これは仏教の「因縁」という言葉からきているのです。
 み仏に誓う仏前結婚式は、このような仏教的結婚観の立場に立って行われる式なのです。

結婚式を司る式師様と媒酌人に伴われた両人が入場します。

式師様と共にご本尊に向かい一同合掌礼拝します。

結婚の意義を仏前にて奉読し両人の幸福を祈ります。

浄めの儀式として法性水と呼ばれるみ仏の清らかな水を
両人の頭上にそそぎ身と心を清めます。

睦みの儀式として数珠を式師様より受け互いに数珠をかけます。

仏法僧の三宝に帰依する三帰礼文をお唱えをします。

両人の三三九度に引き続き、親族固めの盃を交わし、
一同そろってお祝いの盃をいただきます。

両人が誓いの言葉をご本尊の御前にて奉読し、式師両人が押印します。

ご本尊様ご両家のご先祖様に、結婚の報告をします。

新郎新婦の幸せを祈り、一同黙想します。

式師様と共に一同合掌礼拝し、式を閉じます。

上にもどる